「~を除いて」は英語で?「except」と「excluding」の違い

使い分けシリーズ
「~を除いて」というのに、「except」「excluding」を使いたいけど、どちらを使えばいいの?

 

こちらの記事では、「except」「excluding」それぞれの意味と使い方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

「except」と「excluding」の違い

 

 

「except」「excluding」も、「~を除いて」「~以外」という意味で使うことができます。しかし、文章によって使い分けが必要な場合があります。まずは、意味の違いをみてみます。

「except」の意味

 

「except」「~を除いて」「~以外」という意味で使われますが、たとえば、「A except B」というと、A」は全体の情報で、そこから「B」を除外するというイメージです。

 

たとえば、こちらの文をご覧ください。全体を示す「all vegetables」から「green peppers」を除外するというイメージです。

I like all vegetables except green peppers.
(ピーマン以外は、どんな野菜も好きです。)

 

こちらの文「Everyone is here except you」は、全体を示す「everyone」から「you」を除外するイメージです。

Everyone is here except you.
(あなた以外、みんなここにいます。)

 

「excluding」の意味

 

「excluding」も、「~を除いて」「~以外」という意味で使われます。

「A except B」は、全体を示すAから「B」を除外するというイメージでした。一方、「excluding」は、たとえば、「A excluding B」といったときに、「A」は全体ではなく、「B」がすでに除外されている状態です。よって、「B」「A」に含まれません。

 

たとえば、こちらの文です。「five passengers」に、「the driver」は含まれません。よって、乗客と運転手の数は6人と予想できます。

There were five passengers on the bus excluding the driver.
(バスには、運転手を除いて5人の乗客がいた。)

 

こちらも同じです。この「sales」には、「the forex impact(によるもの)」は含まれません。「売上高」に「(はじめから)為替の影響を含めないで(計算すると)」という意味合いです。

Excluding the forex impact, sales increased by 20% YOY.
(為替の影響を除けば、売上高は前年比20%増加した。)

 

ニュアンスの比較

 

<想定> 「全10色のカード」があります。そのうち、「9色のカード」を持っています。残り1色(金色)のカードは持っていません。

 

少し無理やりですが、ニュアンスの比較の目的で、こちらの<想定>の状態を「except」と「excluding」を使って表現してみます。

 

I have all the cards (= ten cards) except the gold one.
(金のカード以外、全色持っている。)
「all the cards」に「gold card」もカウントされている。
I have nine cards excluding the gold one.
(金のカードを除いて、9枚のカードを持っている。)
「nine cards」に「gold card」はカウントされていない。

 

まとめ

 

  • except:(全体から)~を除いて、~以外
  • excluding:~を(はじめから)除いて、含まないで、外して

 

ほかにも「使い分け」をご紹介しています

「except」と「excluding」の使い分け
「between」と「among」の使い分け
「increase in」と「increase of」の使い分け
「apply to」と「apply for」の使い分け
「the number of」と「a number of」の使い分け
👉 「使い分けシリーズ」の記事一覧はこちら

 

     

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました