「感染性の」は英語で?「infectious」と「contagious」の違い

使い分けシリーズ

This disease is infectious but not contagious.
(この病気は、感染性がありますが、人から人にうつりません。)

 

「infectious」も「contagious」も「感染性の」という意味じゃないの?

 

こちらの記事では、「infectious disease」「contagious disease」の違いを解説します。

 

「Infectious」と「Contagious」

 

「infectious disease」「contagious disease」は、「感染症」という意味で使われます。この2つの単語の意味は似ていますが、少し違います。

違いを理解することで、病気がどのように感染するのかが明確になります。

Infectious Disease

 

「infectious disease」は、ウィルスや菌などの感染による病気全般を指します。

一般的な風邪、インフルエンザ、食中毒、デング熱、マラリアなどが挙げられます。(感染性のない病気というのは、心臓病や糖尿病などです。)

Contagious Disease

 

「contagious disease」は、「infectious disease」(つまり、ウィルスや菌などの感染による病気全般)の中でも、人から人に感染する病気を指します。

従って、風邪やインフルエンザは「contagious disease」でもあります。

Infectious but not Contagious

 

こちらはどのような病気でしょうか。

This disease is infectious but not contagious.
(この病気は、感染性がありますが、人から人にうつりません。)

 

この場合、たとえば「蚊がウィルスを媒介する」ことで感染することはあっても、くしゃみなどにより、人から人に直接うつることはない病気をあらわします。

病気以外が「うつる」という表現

 

「infectious」「contagious」は、病気だけでなく、「感情や態度が他の人に移りやすい」という意味でも使われます。

Yawning is contagious / infectious.
あくびはうつる。

 

「あくびがうつる」は英語で?「あくび」に関する表現
「contagious」は、感情や態度が他の人に移りやすいという意味で使われますが、良いことにも、良くないことにも使えます。「infectious」も置き換え可能ですが、移ったら嬉しくないことには、どちらかというと「contagious」が使われる傾向があります。

まとめ 💬

 

  • infectious disease
    感染による病気全般
  • contagious disease
    感染による病気の中で、人から人に感染する病気

コメント

タイトルとURLをコピーしました