表現「a variety of」と単語「variety」の意味の違いは?

使い分けシリーズ
I quit my job for        reasons. (a variety of/varieties of)
いろいろな理由により仕事を辞めました。

「いろいろな」には「a variety of」が使えそう。

でも、「varieties of」はどういう意味?

「いろいろな」と言いたいときは「a variety of」を使います。この記事では、「a variety of」「varieies of」の違いを解説します。

表現「a variety of」と単語「variety」

「a variety of」は、「様々な、いろいろな、種類が豊富な」というフレーズです。

また、「variety」には「種類」という意味があります。この「variety」は、単数「a variety (of)(~の一種)」としても、複数「varieties (of)(~の種類)」としても使えます。

つまり、「a variety of」は、「いろいろな」という意味の場合もありますが、フレーズとして使われているのではなく、単に「~の一種」という意味で使われている場合もあります。

意味の違いを整理するために、「① a variety of」と「② variety」とに分けてみてみます。(「variety」には「多様性」という意味もありますが、ここでは割愛します。)

① A variety of:様々な、いろいろな

「a variety of」は、「様々な、いろいろな、種類が豊富な」というフレーズです。尚、「a variety of」が主語に置かれる場合、その動詞は複数形です。

  • A variety of English courses are offered.
    様々な英語講座が提供されている。
  • The restaurant has a variety of items to choose from.
    そのレストランはメニューが豊富だ。
  • I quit my job for a variety of reasons.
    いろいろな理由により仕事を辞めました。

② Variety:種類

「variety」の意味の一つに、「種類」があります。単数形(a variety)でも、複数形(varieties)でも、意味は同じです。「一つの種類」か「複数の種類」かの違いです。

単数形の例
  • Kelp is a variety of seaweed.
    昆布は海藻の一種です。
  • This is a new variety of apple.
    新種のリンゴです。
  • This is a rare variety of fish.
    珍種の魚です。
複数形の例
  • There are more than 2,000 varieties of cheese in the world.
    世界には、2,000種類以上のチーズがあります。
  • Some varieties of fish are poisonous.
    魚の何種類かは、毒を持っています。

例文の解説

I quit my job for a variety of reasons. (a variety of/varieties of)
いろいろな理由により仕事を辞めました。
ここで、最初の文に戻ります。いろいろな理由と言いたいときは、「a variety of」を使います。「varieties of」を使うと、理由の種類という意味になり、少しぎこちない感じがします。

まとめ 💬

  1. 「a variety of」様々な、いろいろな、種類が豊富な
  2. 「variety」種類(形としては「a variety of」も「varieties of」も可)

コメント

タイトルとURLをコピーしました