「simply put」や「put into words」の意味は?「ことばにする」という意味の「put」の使い方

使えるフレーズ!
「simply put」「put into words」はどういう意味?

 

こちらの記事では、「simply put」「put into words」などの意味をご紹介します。

 

スポンサーリンク

「ことばにする」という意味の「put」

 

put」は「put the apple on the table(そのリンゴを机の上に置いて)」のように、「置く」という意味で使われますが、ほかに、「ことばにする」という意味でも使うことができます。

 

「put」を使った表現をみてみます。

Put … into words

 

「put… into words」「…をことばにして表現する」という意味です。考えや感情など頭の中にあるものを実際に言葉を使って表す、または説明すると言いたい時に使えます。  

 

It is hard to put that into words.
(それを言葉で表現するのは難しい。)
It is difficult to put into words how happy I am.
(どれだけ幸せかを言葉で表すのは難しい。)
I cannot put my thoughts into words.
(考えをことばで説明できない。)

 

Simply put

 

「simply put」は、「簡単に」という意味の「simply」と「ことばで表す」という意味の「put」をあわせたフレーズで、「簡単に言うと」という意味です。ほかに、「to put it simply」も同様に使えます。

 

Simply put, what he said was wrong.
(簡単に言うと、彼が言ったことは間違っていた。)
The staff is helpful, and the food is delicious. To put it simply, that is the best restaurant in town.
(店員さんは親切だし、お料理も美味しい。簡潔にいうと、街一番のレストランだ。)

 

Put another way

 

「put another way」は、「別の言い方をすれば」という意味です。「to put it another way」としたりもします。

Put another way, it can reduce pain.
(別の言い方をすれば、それによって痛みを軽減できる。)

 

Put differently

 

「put differently」は、「言い換えると」という意味です。「to put it differently」としたりもします。

Put differently, you should decide by tomorrow.
(言い換えると、あなたは明日までに決めなければいけない。)

 

 

まとめ

 

  • put… into words:…を言葉で表現する
  • simply put:簡単にいうと
  • put another way:別の言い方をすれば
  • put differently:言い換えると

コメント

タイトルとURLをコピーしました