「パーセント」や「分数」を含む主語は「単数」扱い?「複数」扱い?

使い分けシリーズ

✔「is」か「are」?
25% of the box _____ empty.
25% of the boxes _____ empty.

 

「パーセント」や「分数」は単数扱い?複数扱い?

 

この記事では、「パーセント」や「分数」を含む主語について、「単数」扱いにするのか、「複数」扱いにするのか、判断の方法をご紹介します。

 

 

主語と動詞の関係

一般的な主語と動詞の関係

 

まず、一般的な「主語と動詞の関係」についてみていきます。

たとえば、「The box is empty」のように、主語が単数「the box」の場合、それに続く助動詞は「is」となります。一方で、「The boxes are empty」のように、主語が複数「the boxes」の場合、それに続く助動詞は「are」となります。

パーセントや分数の場合

 

「パーセント」や「分数」の場合も、一般的な主語と動詞の関係と同じルールが適用されます。つまり、「パーセント」や「分数」の程度に関係無く、主語が一つの物や括りについて話しているのか、複数の物について話しているかによって、動詞が決まります。

 

こちらの例文の場合、下線部の単語を見て、動詞が判断できます。

・25% of the box is empty.
・25% of the boxes are empty.
・Two-thirds of the box is empty.
・Two-thirds of the boxes are empty.
・More than 60% of the population has a mobile phone.
・More than 60% of people have a mobile phone.

まとめ 💬

 

分数やパーセントについて:

  • 対象が単数の場合 ➞ 単数扱い
  • 対象が複数の場合 ➞ 複数扱い

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました