「具体的な」は英語で?「concrete」と「specific」の違い

使い分けシリーズ

 

「具体的な」を英語にするとき、「concrete」「specific」のどちらを使えばよいの?

 

 

こちらの記事では、「具体的な」をあらわす「concrete」「specific」の使い分けについてご紹介します。

 

 

「具体的な」は英語で?

 

「具体的な」は英語で「concrete」「specific」がよく使われます。

では、たとえば「海外に行きたい!」と言ったとします。「具体的な場所は?」という時の、「具体的」は「concrete」「specific」のどちらを使うと良いでしょうか。

こちらの記事では「concrete」「specific」の違いをご紹介します。

「concrete」の意味

 

「concrete」は「具体的な」という意味ですが、「抽象的でない」という意味で使われます。「(抽象的ではなく) 具体的な」とは、「現実的な内容や形式を伴っているさま (引用:Weblio)」です。たとえば、「concrete plan」というと、頭の中にあるアイデアではなく、実際に実行できる形のある計画という意味です。

We need a concrete plan to achieve our goals.
(目標達成のために具体的な計画が必要です。)
We developed concrete measures to prevent traffic accidents.
(交通事故を防ぐために具体的な政策を策定しました。)

 

「specific」の意味

 

「specific」も「具体的な」という意味で使われますが、こちらは「ざっくりではなく詳細に」という意味です。たとえば、「specific time」というと、朝や午後などの大枠ではなくて、詳細な(特定の)時間という意味です。また、「specific instructions」というと、詳細に何をするかの指導という意味です。

I studied Linguistics in the US, New York to be more specific.
(私はアメリカ、具体的にはニューヨークで言語学を学びました。)
Orchestra spokeswoman Ashley Berke on Thursday declined to answer specific questions about the health status of performers. (Philadelphia Inquirer)
(オーケストラのスポークスパーソン Ashley Berke は木曜日、演奏者の健康状態について詳細な質問への回答を控えた。)

 

どちらを使うか?

 

「具体的」を英語にするとき、「抽象的なことを具体的に」するという意味なのか、「大きな括りをより詳細に」するという意味なのかを考えて、前者の場合は「concrete」を使い、後者の場合は「specific」を使うとよいかもしれません。

 

最後に文頭のこちらの問いを見てみます。

「海外に行きたい!」と言ったとします。「具体的な場所は?」という時の、「具体的」は「concrete」か「specific」のどちらを使うと良いでしょうか。

 

この場合は、「海外」という「大きな括り」を、「アメリカ」「中国」「ロシア」などのように、「より詳細に」あらわすという意味の「具体的」なので、「specific」が合います。

 

興味深い記事を見つけたのでご紹介します。➞ John Friedlander, Abstract, Concrete, General, and Specific Terms
それぞれのことばの説明がされています。

 

まとめ

 

  • concrete:(抽象的でなく)具体的に
  • specific:(もっと詳細に)具体的に

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました