「seat」と「sit」の母音:違いは長さだけじゃない?/ɪ/ の発音

発見!英語の音

「seat」「sit」「set」
   /st/    /sɪt/   /set/

 

「seat」と「sit」の母音の違いは、伸ばすか伸ばさないか(「イー」か「イ」)だけじゃないの?「sit」って「set」に聞こえる時があるけど何故?

 

「seat」「sit」の母音の違いは、長さだけではありません。この記事では、「seat」「sit」「set」の母音の違いと「sit」の /ɪ/ の音について解説します。

 

「seat」「sit」「set」の発音

 

まず、「seat」と「sit」を比較してみます。

 

違いは、「sit /sɪt/」の /ɪ/ は力が抜けた感じなのに対し、「seat /st/」の // は、より口の筋肉を使い、口を横にひっぱり、発音します。

 

これにより、「seat /st/」の // は、「sit /sɪt/」の /ɪ/ より長く聞こえます。そして、「sit /sɪt/」の /ɪ/ は、日本語でいうと、「イ」と「エ」の間くらいな音に近くなります。

 

つまり、日本語話者の感覚だと、「sit」の /ɪ/ の発音は想像より、日本語の「エ」寄りです。

 

そのため、慣れるまでは、「sit」が「set」に聞こえることもあるかもしれません。

 

そして、最後に「set /set/」の /e/ は、日本語の「エ」よりさらに下あごを下にひいて発音するイメージです。

「sit」の /ɪ/ の音

 

「sit」の /ɪ/ の音が、思ったより「エ」寄りということに気づくと、他の単語についても /ɪ/ が思っていたより「エ」寄り感じるようになります。

 

こちらの赤字部分が 「sit」の /ɪ/ と同じ発音です。日本語の「イ」より「エ」寄りで脱力した感じでよむと、スムーズに発音できます。

It’s so big!
Tell him.
A little bit.
Fix it.
I did.

まとめ 💬

 

  • Seat:日本語の「イー」に近い
  • Sit:日本語の「イ」と「エ」の間に近い
  • Set:日本語の「エ」より口を大きくあける

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました