サナ・クローズ?「Santa Claus」の発音:[nt] の [t] の音が消える条件

発見!英語の音
Christmas is around the corner. Santa Claus is coming. もうすぐクリスマス。サンタクロースがやってきます。
「Santa」って「Sanna」に聞こえる?
 
「Santa」のように、[nt] を含む単語の [t] が発音されないことがあります。こちらの記事では、「Santa Claus」の発音と、[t] が発音されない条件について解説します。

[nt] の [t] が消える条件

もしかしたら、「twenty」が [twenny] と聞こえたり、「internet」が [innernet] と聞こえたりしたことがあるかもしれません。 このように、アメリカ英語では、主にカジュアルな会話の中で、ある条件がそろったときに、[t] の音が省略されることがあります。 その条件は、こちらです。
  1. [t] が [n] の後にある。
  2. [t] の音節にストレスが置かれない。

  先ほどの、「twenty」「internet」をみてみます。 まず、「twenty」の二つ目の [t] は、[n] の後ろにあります。そして、ストレスは [twen] に置かれます。よって、この二つ目の [t] は省略されて、[twenny] のように読まれることがあります。
  • twen ty ⇒ twenny
また、「internet」の一つ目の [t] を見てみると、[t] は [n] の後ろにあります。そして、ストレスは [in] に置かれます。よって、[t] は省略され、[innernet] のように読まれることがあります。
  • in ter net ⇒ innernet

「Santa Claus」の発音

では、「Santa Claus」はどうでしょうか。「Santa」の [t] は、[n] の後ろにあります。そして、ストレスは [san] に置かれます。よって、この [t] は省略されて、[sanna] のように読まれることがあります。
  • san ta ⇒ sanna
ちなみに、日本語では、「サンタクロース」というように最後は「ス」ですが、英語では濁音 /z/ です。
  • Santa Claus /sæntəklɑːz/

[t] が消える単語の例

ほかにも、[nt] の [t] が省略されて読まれることがある単語はたくさんあります。
  • international ⇒ innernational
  • winter ⇒ winner
  • center ⇒ cenner
  • painting ⇒ painning
  • wanted ⇒ wanned
  • identical ⇒ idennical

まとめ

アメリカ英語では、以下の条件がそろえば、[nt] の [t] が発音されないことがある。
  1. [t] が [n] の後にある。
  2. [t] の音節にストレスが置かれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました