「Toyota」って「Toyoda」に聞こえる? [t] の発音が [d] 寄りになる:フラッピング

発見!英語の音

「Toyota」が「Toyoda」がに聞こえたけど、どうして?

こちらの記事では、どうして「Toyota」が「Toyoda」に聞こえるのか、英語で [t] の発音が [d] 寄りになる条件について解説します。

[t] が [d] 寄りの音になる?

英語で [t] の発音が [d] 寄りになるとき

アメリカ英語では、ある条件がそろったときに、[t] の音が [d] 寄り発音されることがあります。

その条件は、「t」の前後が母音で、かつ「t」の後の母音にアクセントが置かれないときです。

「t」の前後が母音で、かつ「t」の後の母音にアクセントが置かれないとき、その「t」の音は「d」寄りの更に力が抜けたような音になります(フラッピングといいます)。ここでいう母音は、単語のスペルではなく、単語の音です。

単語の例

それでは、具体的に単語をみてみます。こちらの単語の [t] は全て、母音に挟まれていて、かつ、二つ目の母音にアクセントが置かれないので、[d] 寄りの音になります。

  • item → idem
  • writer → wrider
  • computer → compuder
  • better → bedder
  • exciting → exciding
  • later → lader
  • nationality → nationalidy
  • city → cidy
  • little → liddle

文章においても同じ現象が見られます。

  • What else 
  • At eleven
  • What are you doing?
  • Get out
  • Get in
  • It is

さらに言うと、「t」だけでなく、「d」も条件がそろえば、フラッピングが起こります。つまり、「d」の前後が母音で、かつ「d」の後の母音にアクセントが置かれないとき、その「d」の音は、更に力が抜けたような音になります。

  • header
  • ladder

となると、writer – rider の赤時部分はどちらも力が抜けた [d] の音になるので、同じ読み方になります。ただ、アメリカ英語では、[t] や [d] の前の母音の長さについて、[t] の前の母音よりも [d] の前の母音の方が長く発音される傾向にあるので、[t] と [d] は同じ音になってしまっても、(人によりますが)rider の [i] の方がwriter の [i] よりも長めに発音される傾向にあります。

では、「TOYOTA」は?

はじめに戻ります。[t] の音が [d] 寄りになる条件(“t” の前後が母音で、かつ “t” の後の母音にアクセントが置かれない)を「Toyota」に当てはめてみます。

すると、「ダ」に聞こえる [t] は母音に挟まれていて、かつ [t] の後の母音にはアクセントが置かれていません。よって、「Toyota」は「Toyoda」に聞こえることがあります。

まとめ 💬

「t」が「d」寄りの音になる基本的な条件:
「t」の前後が母音で、かつ「t」の後の母音にアクセントが置かれないこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました