Seat と Sit の母音の発音の違いは音の長さだけじゃない?

発音

Seat” と “Sit” と “Set” の母音の違い
発音について当時衝撃を受けたことがあります。

それは、”Seat” と “Sit” と “Set” の母音について。

当時こう思っていました。

「それぞれの母音について、”seat” は「イー」、”sit” は「イ」、”pet” は「エ」で、”seat” と “sit” は同じ「イ」でも長さが違うし、”set” は「エ」だから全然違うし、区別も発音も難しくない」

確かに、これはある意味、音を聞き分ける戦略として間違いではないとは思いますが、実は、この “sit” の「イ」の発音が思っていたより「エ」寄りだったのです。

日本語話者の個人的な感覚でいうと、”sit” の [i] 部分の発音は、日本語の「イ」と「エ」の間くらいな気持ち。”set” の [e] 部分の発音は、日本語の「エ」よりさらに下あごを下にひいて口を開ける感じでしょうか。

他の単語も同じ
これに気が付いてから、他の単語についても “sit” の [i] 部分と同じ発音がこれまでと違って聞こえるようになりました。こちらの赤字部分が “sit” の [i] 部分と同じ発音です。この音を意識して聞いてみたり、発音したりすると良いかもしれません。

It’s so big!
・Tell him.
・A little bit.
・Fix it.
・I did.

「気付き」というのは本当に重要で、気が付く前と後では見える(聞こえる)世界が違うんだなと感じた出来事でした。


まとめ 💬
・Seat:日本語の「イー」に近い
・Sit:日本語の「イ」と「エ」の間に近い
・Set:日本語の「エ」より口を大きくあける


コメント

タイトルとURLをコピーしました