「年・月・日・曜日・時間」は英語でどういう順番?「〇年〇月〇日〇曜日〇時」の書き方

使えるフレーズ!
「年・月・日・曜日・時間」を全て書きたいとき、英語でどういう順番で書くべき?

 

こちらの記事では、「〇年〇月〇日〇曜日〇時」の書き方をご紹介します。
 

 

「年・月・日・曜日・時間」の書き方

 

日本語では、「2021年11月22日 月曜日 午後3時」のように、「年+月+日+曜日+時間」の順番が自然です。この中で、たとえば「22日の午後3時」とか「月曜日の午後3時」とか一部分だけ言う場合も、順番は基本的に変わりません。

 

では、これを英語にするときは、どのような順番になるでしょうか。こちらでは、アメリカ英語の場合によく見かけるパターンを大きくわけて2つご紹介します。

※地域差があります(例:11月22日はアメリカ英語で「November 22」ですが、イギリス英語では「22 November」です)。また、ライティングのスタイルのルールがある場合はそちらを優先します。

パターン① 時間+曜日+月+日+年

 

 

時間+曜日+月+日+年
例) 3 p.m. Monday, November 22, 2021

 

 

ひとつめのパターンは「時間+曜日+月+日+年」です。たとえば、「2021年11月22日月曜日午後3時」を英語にしてみると、「3 p.m. Monday, November 22, 2021」となります。文章によっては、曜日の前に「on」を付けて、たとえば「3 p.m. on Friday, November 22, 2021」とすることもあります。

 

例文を見てみます。 
 

The orchestra performs at 7 p.m. Friday, December 3, 2021, in the ABC Hall.
(その楽団は、2021年12月3日金曜日午後7時にABCホールで演奏します。)

 

The event is scheduled for 5:30-7:30 p.m. Sunday, November 28.
(そのイベントは11月28日日曜日午後5時半から7時半に予定されています。)

 

The library holds a book sale from 9 a.m. to 4 p.m. Sunday, December 5.
(その図書館は、12月5日の日曜日午前9時から午後4時まで書籍販売を行います。)

 

The police issued a warning at 7 p.m. on Friday, November 21, 2021.
(警察は、2021年11月金曜日の午後7時に警告を発令した。)

 

パターン② 曜日+月+日+年+時間

 

 

曜日+月+日+年+時間
例) Monday, November 22, 2021, at 3 p.m.

 

 

2つ目のパターンは、「曜日+月+日+年+時間」です。先ほどのパターン①との違いは、時間の位置(最後)です。この場合、「2021年11月22日月曜日午後3時」「on Friday, November 22, 2021, at 3 p.m.」のようになります。

 

例文を見てみます。  
 

The Tree Lighting Ceremony will take place on Friday, December 3 at 5:30 p.m.
(ツリーの点灯式は、12月3日金曜日17時半に行われます。)

 

He will perform music on Saturday, January 22, 2022, at 7:00 p.m.
(彼は、2022年1月22日土曜日の午後7時に演奏します。)

 

Commission Meeting
Date: Friday, September 22, 2021, 1:00 p.m – 2:00 p.m.
(委員会会議 日時:2021年9月22日金曜日 13:00~14:00)

 

Meeting Minutes
Friday, September 22, 2021
1:00 p.m – 2:00 p.m.
(会議議事録 2021年9月22日金曜日 13:00~14:00)

 

まとめ

 

  • 日本語:
    年+月+日+曜日+時間
  • 英語:
    時間+曜日+月+日+年
    曜日+月+日+年+時間

コメント

タイトルとURLをコピーしました