色が複数形になるとき:Reds, yellows, oranges…

語彙

Reds, yellows, and oranges…
ある日、記事を読んでいたら、こんな英語を見かけました。

“Reds, yellows, and oranges…”

これまで、色を複数形にして使ったことがなかったので、 色の単語に “s” を付けて使えるの!?と思った記憶があります。

色について話している時、たとえば、赤は赤でもいろいろな赤色について言いたいときや、そのいろいろな赤をまとめて言いたいとき、あえて色の名前を複数形にして使うことがあります。

そして先ほどの記事の内容は紅葉についてでした。紅葉の季節の葉をイメージしてみると、黄色といっても薄い黄色や濃い黄色、様々な色合いが重なり合っている風景が思い浮かびます。

確かに、そんな風景を表すには、たとえば、”Green leaves change to reds, yellows, and oranges in fall” と、”reds” や “yellows” や “oranges” を使うと、紅葉の様子がより鮮明に目に浮かぶような気がします。

他の場面でも
そういえば、よく親が子どもに言う表現に、”Eat your greens!”「(ほうれん草とか、緑の)お野菜を食べなさい。」があります。

また、ネイルサロンでも見かけるかもしれません。ネイルの色を選ぶとき、たとえば赤と決めていても、色々な種類の赤があります。そこで、カラーチャートを見せてもらうかもしれませんが、そこには色々な赤をまとめて “Reds”、色々な緑をまとめて “Greens” と書かれているかもしれません。


まとめ 💬
色が複数形となる場合:各色の種類を強調したいときや、種類を総合して表すとき


コメント

タイトルとURLをコピーしました