アメリカで必須の硬貨「25セント」をあらわす「Quarter」の色々な使い方

海外生活と英語

米国生活で必須の「25セント硬貨」

 

10年ほど前にアメリカで生活してた時に慣れなかったことは「25セント」の硬貨を集めておくこと。最近はもしかしたら変わっているかもしれませんが、当時はとにかく「25セント」が必要な場面がたくさんありました。バス、自動販売機、コインランドリーなど。両替も見かけません。「25セント」が手に入ると、とりあえず別に貯めておきます。なぜなら、たとえば、コインランドリーで、洗濯と乾燥に「6ドル」かかる場合、24枚もの25セントが必要になるからです。  

 

「コインランドリー」は、英語(アメリカ)で、「laundromat」がよく使われます。
 
 

そのためか、街では日常的に見知らぬ人同士で両替が行われます。困った時は、「Do you have change?」「Do you have change for a dollar?」と聞くと、両替をしてくれる人がいたりします。「change」「小銭」という意味です。  

 

Do you have change?
(小銭はありますか?→両替できますか?)
Do you have change for a dollar?
(1ドル札くずれますか?)

 

「25セント硬貨」は「Quarter」

 

「25セント硬貨」は英語で「quarter」です。この「quarter」という単語は「4分の1」という意味で、お金における「quarter」は、「25セント=1ドルの4分の1」を示します。「quarter」は、お金以外にも使われます。たとえば、「4等分」「15分」「四半期」「quarter」を使って表現することができます。

「Quarter」の使い方:4等分

 

硬貨の「quarter」が、4等分したうちの1つを示したのと同じように、一般的に「quarter」「4等分したうちの1つ(4分の1)」を示します。従って、複数の「quarters」は「4等分したものが複数ある」ことを表します。たとえば、「three quarters」は「4等分したうちの3つ(4分の3)」という意味です。  

 

I cut the sandwich into quarters.
(サンドイッチを4等分した。)
※この「quarters」は「全4カット」です。「1カット」は「a quarter」です。

 

「Quarter」の使い方:15分

 

「quarter」には「4分の1」という意味がありますが、「時間」にも使うことができます。「1時間 (60分)」の「4分の1」は「15分」なので、「○時15分」や「○時45分(○時まであと15分)」を表すときに使われます。  

 

It is a quarter after (past) five.
(= It is five fifteen.)
(5時15分です。)
It is a quarter to five.
(= It is four forty-five.)
(4時45分です。)

 

「Quarter」の使い方:四半期

 

同様に、「1年 (12ヶ月)」も「4等分」して「quarter(3ヵ月間)」を使って表すことができます。これは、日本語の「四半期」に相当します。

この「quarter」は、主に決算で使われます。たとえば決算月が3月(事業年度最後の月)の場合、第1四半期(4〜6月)は「the first quarter」、第2四半期(7〜9月)は「the second quarter」、第3四半期(10〜12月)は「the third quarter」、第4四半期(1〜3月)は「the fourth quarter」です。

 

Sales increased sharply in the second quarter.
(第2四半期、売上高は大幅に増加しました。)

 

以上、「25セント」「Quarter」のお話でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました