共感を示す「It is!」返答や相槌に

使えるフレーズ!

A: It is interesting.
B: It is!

 

「It is interesting.」と言ったら、「It is!」と言われた。短い返答なのに、共感された感じがしたけど、「It is」だけで会話が成り立つの?

 

この記事では、主語と動詞を発言に合わせるだけで返答する方法をご紹介します。

返答や相槌に

 

相手の発した文の主語と動詞に合わせて文をつくるだけで、返答や相槌をすることができます。たとえば、「It is interesting.」には、「It is」というだけで、共感を示すことができます。

あらゆる場面で

 

この返答は、主語と動詞を発言に合わせれば、どのような文に対しても使えます。

「そうそう!」

 

「It is…」に対して、「is」を強調して「It is」と言うことで、「本当にそうだね」と共感を示せます。

A: It is annoying.
B: It is!

 

また、「It was…」に対して、「was」を強調して「It was」と言うことで、「本当にそうだったね」と共感を示せます。

A: It was very cold.
B: It was!

 

同様に、主語が「he」や「she」の場合も、「he does」や「she does」と言うことで、同じ意見だということを示すことができます。

A: He thinks it was a good idea.
B: He does.

「そうなの?」


こちらの文は、「昨日面接受けたんだ」という発言に対して、「そうだったの?受けたの?」というニュアンスになります。

A: I had a job interview yesterday.
B: You did? How did it go?

 

こちらは、「何も覚えていない」という発言に対して、「そうなの?覚えていないの?」というニュアンスです。

A: I do not remember anything.
B: You don’t?

「そうだった?」

 

こちらの文は、「今日は水曜日」という発言に対して、「今日水曜日?本当?」というニュアンスになります。

A: Today is Wednesday.
B: Is it?

 

こちらは、「(それをしたのは)彼だったよ。」という発言に対して、「彼だった?本当?」というニュアンスになります。

A: It was him.
B: Was it?

 

とてもシンプルな返答ですが、使えると便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました