「〜ながら」や「〜ではあるが」をあらわす「albeit」の使い方

使えるフレーズ!

「albeit」の使い方は?

 

 

こちらの記事では、「〜ながら」「〜ではあるが」をあらわす「albeit」の使い方をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

「albeit」の使い方

 

比較的フォーマルなライティングで、「〜ながら」「〜ではあるが」と情報を追加したいときに、「albeit」を使って表現することができます。

たとえば、「販売量が増えた」という文に、「僅かながら(僅かではあるが)」という情報を追加したいとき、「albeit marginally」「albeit slightly」を追加して表現できます。

Sales volume increased, albeit marginally, in August.
(8月、販売量は僅かながら増加した。)

 

また、「プロジェクトが進展している」に、「ゆっくりではあるが」と付け加えたいとき、「albeit slowly」などを追加して表現できます。

The project is making progress, albeit slowly.
(プロジェクトは、ゆっくりではあるが進展している。)

 

Collins Dictionaryによると、「albeit」の語源は「al be it」で、その意味は「although it be」です。

 

品詞は、「接続詞 (文と文をつなぐ役割)」ですが、先に見た例文のように「albeit +副詞」の形でよく使われます。

 

ほかに、「albeit +形容詞」「albeit +名詞」の形でも使えます。

The new model is more affordable, albeit still expensive, than the previous one.
(新しいモデルは、まだ高いものの、前のモデルより良心的な価格である。)

 

 

まとめ

 

  • albeit:〜ながら、〜ではあるが

 

📝今すぐ使えるライティングtips
    ~ビジネス/論文/翻訳/エッセイに~ 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました